天保6年捨て人一件

天保六年 捨て人一件 

釈迦塚町には、口の聞けない年寄りが俵に詰めて捨てられていた、という話しがあります。それ実話でした。記録が釈迦塚町所蔵文書の中にあります。

天保の飢饉は、文政十一年(三条地震)同十二年(風水害)同十三年(虫害)天保四年(天候不順による大凶作)この年は夏に綿入れを着ると言われた冷夏でした。のちに天保の大飢饉言われた時代です。村々は飢饉に苦しんでいました。たった一人の老人と言えども養うことは難しく、地境を理由に、老人を引き取らないで済むようにいろいろ画策したのでした。

1835(天保6)年6月13日、坂井新田から釈迦塚新田へ釈迦塚新田飛地に行き倒れ人がいると通報がありました。釈迦塚新田では直ぐ村役人を派遣して調べたところ、釈迦塚新田飛地用水路、字水下江(現小古瀬江)江丸の茨の株元に、年令六十余りの男が俵に入れられ、中一ケ所縄で結び、首だけ出して、笠を覆って捨てられていました。

その老人の処遇をめぐって両村の争いとなりました。坂井新田では、釈迦塚新田へ届けた以上は釈迦塚新田で面倒を見るべきだといい、釈迦塚新田では老人の置かれていた場所は、飛地ではあるけれど、そこは坂井新田往来道であるので坂井新田で面倒見るべきだと主張、老人を差し置いて両村の地論となってしまいました。大庄屋所へも訴えましたが、他に急用ありと称して役人を派遣してくれず、仕方なく現場で両村で小屋掛けして、医者にかけ番人をつけ、食事を与えて面倒を見ることになりました。

この老人中風らしく、言語身体とも不自由で、身元不明のまま八日後に現地で亡くなりました。実はこの老人、前日芝野村で見たという人もいて、どうも夜中にたらい回しにされたようです。 一人の老人をも養い得ず捨てなければならない人、そのことで争わなければならなかった両村。これも数年続いた凶作の為でした。

昔、老人が捨てられていた現場(現小古瀬江)

 


カテゴリー: 釈迦塚の歴史 | コメントをどうぞ

古文書講座127

古文書講座127

津倉巻刈谷田川洪水に付き乱妨一件22

写真22


入江八郎左衛門の要望に対して出雲崎代官所よりの返答、当方では廿二日壱人出役承知しました、との返書。

解読

御剪紙拝見致し候。然らは支配所鬼木村外

七ヶ村役人共義、人足大勢召連れ罷り出、其の御領分

三林村名主惣右衛門、其の外のもの居宅打ち毀し、

乱妨に及び候旨にて、見分の義貴様御出役先へ

相願い候に付、御立ちこれ無き上、取調べ候様御紙面

の趣、承知致し、明廿二日壱人出役の積りに付、

左様御承知成されべく候。右御報此如く御座候以上。

六月廿一日      石川寛一郎

入江八郎右衛門様

カテゴリー: 古文書講座 | コメントをどうぞ

古文書講座126

古文書講座126

津倉巻刈谷田川洪水に付き乱妨一件21

写真21

解読編

御苦労ながら御一人御出張、前書惣右衛門其の外の

者居宅御立会い御見分の上、狼藉の始末

夫(それ)々(ぞれ)御取調べ下され候様致し度、委細は願書

写しにて御承知下されべく候。右貴意得度べく斯くの如く

御座候。以上

六月廿一日        入江八郎左衛門

高梨仙太夫様

石川寛一郎様

カテゴリー: 古文書講座 | コメントをどうぞ

古文書講座125

古文書講座125

刈谷田川洪水に付津倉巻乱妨一件20

写真20

解読編

切れ所に及び候旨訴出候に付、同村へ出役致し候処、

水下其の御支配所同郡鬼木新田外七ヶ村役人

共義去る十七日暁、人足大勢召し連れ銘々

得道具持参、三林村名主惣右衛門居宅

其の外のもの居宅戸障子家財など打ち毀し、

居屋敷内樹木伐り倒し乱妨狼藉に及び候

趣を以って、御立会い見分の義、別紙願書写し

の通り出役先へ尚訴え出候に付、則、相廻り

御目に懸け申し候。右は余儀無き筋にも相見候間

カテゴリー: 古文書講座 | コメントをどうぞ

古文書講座124

古文書講座124

津倉巻洪水に付き乱妨一件19

堤切れ所見分のため現地に赴く新発田藩奉行入江八郎左衛門が、相手方出雲崎代官所の役人二人に、自分と一緒に見分して欲しいと出した書簡

写真19

解読編

剪紙を以って啓上致し候。暑気の砌(みぎり)、各様愈(いよいよ)御堅勝(固)

御勤役成られ珍重存じ奉り候。然らば去る十六日の

大雨にて同夜、当領分蒲原郡三林村枝郷

津倉巻地内字諏訪堂上、刈谷田川堤

 

カテゴリー: 古文書講座 | コメントをどうぞ

古文書講座123

古文書講座123

津倉巻洪水に付き乱妨一件

写真18

解読編

大島新田

坂井村

三林村迠

右村々名主方

カテゴリー: 古文書講座 | コメントをどうぞ

春の祭礼

4月26日は村の鎮守、諏訪神社の祭礼です。今年の安泰と豊作を祈願しました。

諏訪神社全景 今日は暖かくよい天気でした

諏訪神社社殿、小さいですが、元禄11(1698)年銀370匁で建立されました

右側の諏訪大明神の献額は七代新発田藩主溝口直温公の書です。明治41年国策によって十二神社を合祀しました。

太々神楽を奉納しました

カテゴリー: 釈迦塚の日々 | コメントをどうぞ

ふるさとの宝物2

ふるさとの宝物2

白波吉蔵の碑 ふるさとの宝物2の案内板が立ちました。幕末に江戸相撲に入門、明治4年に帰郷した力士。前頭12枚目まで昇進したといわれていますが、この頃の相撲は前頭は12枚もあったか、少し?

雪に埋もれて更に濡れていて文字もよく読めません

案内板 伊勢の海部屋の力士でした。郷土の自慢力士だったでしょう

当時の化粧回し生地は舶来のラシャです

引退力士に、師匠が指導者や相撲興行を行うことを許可する免状。当座の生活資金を稼ぐことが出来るよう親方の温情、現在の退職功労金のようなもの。

カテゴリー: 釈迦塚の日々 | コメントをどうぞ

釈迦堂

釈迦堂

このたび、地域コミニュテーが地域の宝物を皆さんからよく知ってもらうということで、我が釈迦堂に説明の看板を立ててくれました。出来上がって見ると変換間違いや打ち間違いがあって、これは雪が解けたら業者さんから直してもらわないと困ります。

雪に埋もれた釈迦堂   天明元年(1781)再建

案内板の誤植部分  過信→家臣 うしみの→うしの

カテゴリー: 釈迦塚の日々 | コメントをどうぞ

古文書講座122

古文書講座122

津倉巻洪水に付き乱妨一件

写真17

土地亀新田

十二新田

横越村

荻島新田

古田新田

小須戸町

戸石新田

庄瀬村

鵜森村

カテゴリー: 古文書講座 | コメントをどうぞ