古文書講座114

古文書講座114

津倉巻洪水に付乱妨一件10

写真

解読編

入れ候へ共、聞き入れず種々悪口仕り、右の内鬼木新田

百姓五右衛門・彦六・次郎兵衛・藤八次男伝左衛門

弥之助忰三吉・巳之助忰巳之松・仙助忰

仙四郎・兵左衛門忰兵太郎・五右衛門弟時蔵

鬼木村百姓治助・市助・又次郎・作左衛門忰

才太郎・清七弟三平・尾崎村百姓米蔵

二又村乙蔵その他逸々(いついつ)名前は相分らず候

得共、大勢にて有り合せ候長木など投げ懸け、持

参の斧を以って手向い候に付、如何体の怪我

カテゴリー: 古文書講座   パーマリンク

コメントを残す