古文書講座 (第98回)

古文書講座 (第98回)

本編098写真

解読編

〆 弐拾ヶ村

此村高壱万三千百四拾八石六斗九升三合

一 八幡、塩灘両宿の年寄とも当組へ参り候節は清

兵衛、倉太と相名乗り候者とも、三条町下惣代惣蔵

引会いに罷り越し候処、八幡宿年寄運次郎、塩灘

宿年寄茂兵衛と申す者の由中の壱人両名不審

の上何義を相尋ね候ても存ぜぬ趣相答え、且京都

御発輿の義も未だ相分らず候間申し聞き候由に御座候

一 小田井、岩村両宿の分も八幡宿へ罷り越し呉れ候様申し

聞き候由御座候

登り人面付

三条組惣代

カテゴリー: 古文書講座   パーマリンク

コメントを残す