古文書講座 表紙

表紙これから解読する「内親王和宮様中仙道御通輿一件」は釈迦塚新田名主浅野正八郎の控です。54pから成り立っています。
内容は中仙道八幡宿年寄が助郷人馬の提供を求めて来たことから始まります。近隣諸領料の村役人と協議の上助郷赦免の歎願に江戸へ出発するまでの協議内容を記したものです。正八郎は陳情団の付き添い役に任命され江戸へ随行しました。

1p 表紙

因みに新発田藩主溝口主膳正は供奉公卿方馳走役を勤めました。

※諸領料は御料と御領のことで御料は幕府直轄領、御領は私領で大名、旗本領で譜代、外様も同じ

カテゴリー: 古文書講座   パーマリンク

コメントは受け付けていません。