古文書講座 (第79回)

古文書講座 (第79回)

本編079写真

解読編

と当国新助郷村高を相束ね、何拾何万国へ

右五万人三千匹の数割り懸かり候得は高万石に付

何人と相成り申すべく候間、右を触れ当てを以って申すべく候

但 私共帰村御本触れ拝見の上触れ当て候ては御間に

相兼ね候間、右高相分り次第当地において前願の

見込みを以って触れ当て申すべく候

一 人馬着の義は御日限前々日御継所へ相詰させ

候義出来に御座候間、今般も前々日詰めに仰せ渡され候

カテゴリー: 古文書講座   パーマリンク

コメントを残す