古文書講座 (第70回)

古文書講座 (第70回)

本編070写真

解読編(読み下し)

恐れながら口上

和宮御継ぎ立て人馬中山道八幡宿始五ヶ宿へ

助郷仰せ付けられ候趣、右宿より 酒井讃岐守様御尊

書持参いたし候一件、出雲崎表聞き合い方仰せ付けられ、

2日朝同所枡屋甚蔵かたへ参り承り合い候所、同人義不快

にて平臥罷り在り候に付同人兄相田屋戸右衛門義は

郷宿仕居り候者の儀に付き、」早速罷り越し承り合い候処

御陣内へ相伺い御しらせ申すべく様申し聞き相待ち居り候処、罷り

帰り御陣内に尋ね置き候ても、御評議中の趣申し聞き

訳は去る廿日本山、洗馬、塩尻3宿の御役所

へ罷り出 酒井讃岐守様御印状持参にて別

紙の通り願書差出詰合い、郡中御呼び立ての上

御仰せ渡し候、三島郡の義は御請申し上げ候得共、蒲原

※不快 病気のこと

カテゴリー: 古文書講座   パーマリンク

コメントは受け付けていません。