古文書講座 (第63回)

古文書講座 (第63回)

本編063写真

解読編

御免願立候図り、右願に登り候はゝ御近領

おゆるしねがいたてそうろうつもり、みぎねがいにのぼりそうらはばごきんりょうも

同様為願候方可然旨申居候由

動揺願わせ走路方しかるべきむねもうしおりそうろうよし

一 長岡御領の内上組・北組・河根・栃尾組、右

ひとつ ながおかごりょうのうちかみぐみ・きたぐみ・こうね・とちおぐみ、みぎ

五ヶ組へ助郷願立候趣

ごヶくみへすけごうねがいたてそうろうおもむき

一 塩名田宿は小諸御領故長岡様へ御加

ひとつ 塩なだしゅくはこもろごりょうゆえながおかさまへごか

勢御頼越に付、右人馬槙組・曽根組へ明日二日

せいおたのみこしにつき、みぎじんばまきぐみ・そねぐみへあすふつか

郡役所より御達の由、人馬は不分り且

ごおりやくしょよりおたっしのよし、じんばはふわかりかつ

※ 槙組は巻組か?

※ 小諸藩は長岡牧野家の分家

カテゴリー: 古文書講座   パーマリンク

コメントは受け付けていません。