古文書講座 (第60回)

古文書講座 (第60回)

本編060写真

解読編

八幡始両宿問屋共義、右一件渡町枡屋を以

やわたはじめりょうやどといやどもぎ、みぎいっけんわたりまちますやをもって

郡役所へ頼立、御印状は跡より持参

こおりやくしょへたのみたて、ごいんじょうはあとよりじさん

の趣、右一件割元黒津村左之助委細承

のおもむき、みぎいっけんわりもとくろづむらさのすけいさいうけたしょう

知の旨申聞に付直様同人方にて佐之助へ面

ちのむねもうしきくにつきすぐさまどうにんかたにてさのすけへめん

会の上承合候処、左の通申聞候

かいのうえききあいそうろうところ、さのとおりもうしききそうろう

開の上聞き合いそうろうところ、さのとおりもうしききそうろう

一 先月廿八日八幡・塩名田両宿問屋義、渡

ひとつ、せんげつにじゅうはちにちやわた・しおなだりょうやどといやぎ、わたり

町枡屋を以、郡御奉行所へ助合御印状

まちますやをもって、こおりぶぎょうしょへすけごうごいんじょう

※ 助合は助郷か?

カテゴリー: 古文書講座   パーマリンク

コメントは受け付けていません。