今町土人形

betoningyo31.jpgbetoningyo4.jpgbetoningyo21.jpg

今町土人形は非常に素朴で庶民の子供のおもちゃでした。型で起し乾燥させて低温で焼き彩色されています。

べと人形といわれています。当地では土のことを「べと」といいます。明治の初めころから橋本吉六により作り始められたと推定されています。

4代目の二七の代になり製作を中止し長岡へ移住した後もぶんけの手で少しは作られていたようですが、大戦前に廃絶し型も売られたしまったようです。

なお、同時期に製作されていた三条の土人形と非常に良く似た彩色をしていました。三条が彩色に金泥や金砂を使うのに対して今町は銀泥のみを使用することと眼の描き方にポイントがありそうです。

また、人形だけでなく三角達磨(起き上がりこぼし)も作られたいました。これは子供の遊び道具でしたので、今はほとんど残っていません。betoninngyou1.jpg

カテゴリー: 釈迦塚の日々   パーマリンク

コメントは受け付けていません。